パソコンの修理で思い出したネガティブなこと

先日、パソコンが故障して修理に出したのですが、そのときびっくりしたのがかかる料金です。
持って行ってどこが悪いのか調べてもらって、壊れたところを交換するだけだったらそんなにかからないのですが、それ以外のサービスにお金がかかるのです。
お店の人のいう通りにサービスを受けていたら4万円くらいになってしまいます(修理だけなら7000円ほどですみます)。
怖いのは、そのサービスが本当に必要なのかわからないことです。説明をよく聞くと、私にもできることがいくつかあったのでそれはサービスに含まないでほしいと言いました。それでも数万円かかってしまいます(泣)
パソコンの修理といえば、だいぶ前にもけっこう嫌な経験をしたことがあります。あのときは別のメーカーのパソコンを使っていて、そのパソコンがもともと不備があることがわかり、メーカーに無料で修理してもらえることになりました。
そのパソコンが予定の日を過ぎても戻ってこないので問い合わせの電話をしたら、あまりていねいでない対応をされて後日戻ってきたパソコンは、修理に出す前より調子が悪くなっていました。
大手のメーカーなので、まさかこんなことになるとは思わなかったです。それ以後はこのメーカーのパソコンにかぎらず、商品は購入していません。
パソコンにまつわる不快なことをどんどん思い出してきました(汗)これはパソコンそのもののことではないですが、怪しいプロバイダと契約しかけたときのこととか(正式に契約する直前で会社についてのネガティブな口コミを見てやめた)・・。プロバイダの競争が激しいので、こういうこともよくあると思います。
パソコンやネットにまつわる料金がもっと安くなってくれないかと思っていますが、それで使いづらくなってしまうのも困ります。近い将来にスマホ中心になってパソコンを使わなくなるかもしれないし、そのほうが節約になりますから・・。でもあの画面でネットし続けると目に悪いですし・・。

投稿日: カテゴリー 2017